清酒竹泉

  • HOME
  • 特定商取引法における表示
  • 竹泉ショップ 会員ログイン
  • 竹泉ショップ かいものかご
  • 清酒竹泉のラインナップ
  • 酒造りのこだわり
  • 田治米合名会社 会社案内
  • 竹泉を楽しむ
  • 会員登録
  • 田治米合名会社へのお問い合わせ
この度は、営業日カレンダーの更新ができておらず、お客様及びお取引先様には多大なるご迷惑をおかけいたしました。
深くお詫び申し上げますとともに、今後このようなことが無いように注意してまいります。
今後とも、清酒 竹泉 田治米合名会社を宜しくお願いいたします。
酒造りのこだわり
HOME»  竹泉のこだわり

土地へのこだわり

但馬・朝来市で・・・

清酒竹泉の田治米合名会社は兵庫県朝来市にあります。

竹泉の創業者は故郷の泉州・和泉国より酒造りに適した水を求めて、今の但馬・朝来市へやってきました。

兵庫県の北部・但馬地方の京都寄りに位置する朝来市は、人口32396人(2014年9月現在)の山々の間に田畑の広がる地域です。

最近では、天空の城・竹田城跡で話題に上り、生野銀山・茶すり山古墳など、古くからの遺跡も残る地域でもあります。

夏場は暑く、冬場は雪深い自然の豊かなこの土地で育ったお米、山の大切に蓄えた水を用いる事で、「竹泉」は造られています。

蔵の想い

300年以上の永きにわたって伝統の技を守り、醸してきた。

決して派手な酒ではないですが、「一粒の米にも無限の力あり」の信念を心にお米一粒一粒の旨みをしっかり引き出して「竹泉」は造られてきました。

昨今の添加物ばかりの食卓事情を憂い、安心・安全はもちろんの事。

「日々の生活の様々な場面で、飲み続けられるお酒」をこれからも当蔵一同で醸して参ります。

家族や友と酌み交わし、古き良き故郷を感じる、明日への活力になる様な、竹泉がそんなお酒であり続けられればと思います。

酒造りのこだわり

だから、朝来の「竹泉」を飲んでいただきたい!

清酒竹泉を造り出す酒蔵の白い煙突

稲作農家の方々に精力的に取り組んでいただいている酒米栽培。酒造りに最適な気候。山の蓄えた酒造りに適した水。それらの恵みを巧みに使いこなす経験豊かな但馬杜氏の伝統の技を受け継いだ若き蔵人、お酒の瓶詰めを行いラベルを貼り商品にしていく社員、竹泉を手に取り飲んで頂けるお客様、このどれが欠けてもいけません。

このすべてのより良い関係の中で、「おいしい竹泉」が生まれます。

当蔵は、平成24年度の酒造りから、純米酒にこだわった、純米のみのお酒を醸造しております。

醸造アルコールを一切使用しないお酒を造っています。

原材料:米、米麹のみ。

どのランクのお酒も分け隔てなく、手入れし、愛し、醸す、「日々の生活の中にいつもあり続けたい酒」。

その先にある「竹泉」は、皆様に愛され、親しみを持って頂けるお酒だと信じています。

酒造りの工程について

水へのこだわり

旨いお酒の秘訣はまずは、水

清流が育む竹泉

竹泉の「竹」の字、これは円山川上流の「清流 竹の川」の伏流水を仕込み水に用いた事から「清流 竹の川」より「竹」の字をいただきました。泉州・和泉国より、酒造りに適した水を求めて、この但馬の地で名水に出会いました。

広大な森林によって(冬場に降る)雪や雨をしっかり蓄えられ、育まれました。

この「やや軟水」の水が、「竹泉」らしいキレの良さと熟成によってのってくる旨みが出てきます。

この水こそが、「竹泉」の味わいをつくる要素の一つになっています。

米へのこだわり

旨いお酒の原料、お米は外せません

酒米の田圃風景

地元で採れたものを使って、「竹泉」を醸していきたいという思いを大切に、稲作農家の方々の協力のもと、蔵の想いを込めたお米作りをしていただいています。

契約栽培米の雄町を始め、コウノトリ育む農法米の山田錦、朝来市産のどんとこい米など農家の方が手塩にかけて育てて頂いたお米を大切に、旨いお酒に醸していくことで、飲んで頂く方まで想いをしっかり届けて参ります。

コウノトリ育む農法について

気候について

旨い酒を造る但馬・朝来市の独特な気候

雪の中の清酒竹泉の田治米合名会社の酒蔵

日本海型・内陸型の気候で、寒暖の差が大きく、冬季には降雪も多く寒さの厳しい地域です。

この寒さは発酵を阻害する雑菌の繁殖を抑え、長期低温発酵を行う酒造りにはこの上ない環境になっています。

地域総面積の4分の3を占める森林に抱かれた水もその環境だからこそ生まれたものです。

この環境の中で、伝統の技・但馬流厳寒仕込みにより、辛口で、米のしっかりとした味と旨い酸味のある「竹泉」が醸されているのです。

人・蔵人について

おいしさの源は蔵人の腕

清酒竹泉の酒蔵の前の利き酒

但馬杜氏は昔から、出稼ぎで様々な土地へ行く事が多く、様々な地域の実に多様な酒造りのノウハウが但馬に集まったと言われています。故に、西日本随一の技術集団とも呼ばれました。

この但馬杜氏の伝統を受け継いだ若い蔵人達、瓶を洗い、瓶詰めを行う皆、ラベルを貼り製品を商品へしていく皆、みんなの力が全て集まり、一つになる事で初めてお客様のもとへ、旨い「竹泉」をお届けすることが出来るのです。

管理・熟成

後はお客様に喜んでもらえるようにできる限りの事を・・・

清酒竹泉

「竹泉」のお酒は、いろいろな状況で貯蔵されています。また貯蔵の温度にも気を配り、新鮮なフレッシュ感を味わっていただきたいもの、熟成による旨みをしっかりのせたいものなど酒質にあわせて、蔵の中で、0~2度、または-5度の冷蔵庫の中で貯蔵を行います。

手間もコストもかかりますが、最適な環境で熟成の状態を見極める事で、より最高な状態でお客様へお届けする事を第一に考えています。